MENU
さざんかの筆休み
稼働時間
8:00〜18:00(土日祝日除く)

返信対応
ご連絡から10時間以内に返信いたします。
稼働時間外の場合は翌日となります

Anker Soundcore Motion 100をレビュー【Soundcore2から買い替え】

本ブログの一部には広告を含む場合があります
  • URLをコピーしました!

2024年1月18日(木)より、AnkerからSoundcore Motion 100が新発売されました。2018年から愛用しているSoundcore2との比較も交えながら、Soundcore Motion 100の開封から使用までをレビューします!

  • スマホで音楽を聴くのにスピーカーが欲しい
  • お風呂場で使える防水スピーカーが欲しい
  • アウトドアで使えるスピーカーが欲しい

などポータブルBluetoothスピーカーの購入を検討しているならば、Anker Soundcore Motion 100はおすすめです!ぜひ本記事を最後まで読んで、購入検討の参考にしてください。

目次

Anker Soundcore Motion 100 新登場!

後で述べますが、上面の青い斑点は汚れではありません。

2024年1月18日、X(旧:Twitter)で見かけたAnkerの新製品情報にテンションが上がりました。
※Ankerの新製品情報が気になる方はフォロー推奨!

高級でなかなか手を出せなかったSoundcore Motionシリーズから、ついに10,000円を下回る価格で登場!Soundcore Motionシリーズは、筆者が2018年から愛用しているSoundcore 2よりもハイグレードなシリーズです。

そろそろSoundcore 2を買い替えたいな…と検討していたので、「よっしゃ!いったれ!」ということで購入。それでは開封しながら、各種仕様を確認してみましょう。

Soundcore Motion 100の仕様

Soundcore Motion 100の仕様について、筆者が所持しているSoundcore 2(micro-USB搭載モデル)と比較したのが下表です。

カタログスペック上では、オーディオ出力が8W+上がっていますね。一方で本体は176g重くなり、再生可能時間が12時間も短くなっています。

音質優先か持ち運び優先なのか、そのあたりが評価の分かれ目になるでしょう。本体側面のストラップは脱着できず、直径約2cmの円筒状のものなら通せそうですね。

Soundcore Motion 100Soundcore 2
入力5V⎓2A5V⎓2A
端子USB-Cmicro-USB
(現行はUSB-C)
再生可能時間最大12時間最大24時間
充電時間約5時間約3時間
オーディオ出力20W+12W+
防水規格IPX7IPX7
サイズ184 x 60 x 64 mm168 x 47 x 56 mm
重さ590 g414 g
カラー・スペースグレー
・ブルー
・グリーン
・ブラック
・レッド
・ブルー
・ネイビー
通信規格Bluetooth5.3Bluetooth5.0
AUX端子非搭載搭載
参照元:ユーザーマニュアル
Soundcore Motion 100(詳細はこちら
Soundcore 2(詳細はこちら

Soundcore Motion 100の付属品

注意:USB充電器は付属しません

付属品はUSB-C & USB-Cケーブル、クイックスタートガイド、カスタマーサポートの3点です。ケーブルは端子の先端から、もう一方の先端まで約60cmでした。

本体の充電に必要なUSB充電器は別売になりますので、購入時には注意してください。

Soundcore Motion 100の音質

Soundcore 2と比べて、音の解像度が上がった印象を受けます。オーディオ出力についても、数字上ではたった8Wですが実感できくらい違いを感じますね。

低音に関しては、Soundcore 2よりも強化されています。またSoundcore Motion 100に搭載されているBassUPをオンにすれば、さらに低音のドスドスを強く感じれますね。
※BassUPの詳細については、公式サイトを参照ください(→こちら

Anker Soundcore Motion 100 5つのメリット

上:Soundcore2, 下:Soundcore Motion 100

Anker Soundcore Motion 100を使用して分かった5つのメリットは以下のとおりです。

  1. 20W出力でサイズ以上の迫力
  2. ハイレゾ(Hi-Res)に対応
  3. 持ち運びやすくて便利
  4. IPX7でも防水キャップで安心
  5. アプリ操作でさらに便利

それでは順に説明します。

1. 20W出力でサイズ以上の迫力

上:Soundcore2, 下:Soundcore Motion 100

握りやすいサイズ感で、持ち運びやすいSoundcore Motion 100。しかしオーディオ出力は20Wと、本体のサイズ以上にパワフルなサウンドを体感できます

数値上は8Wしか変わりませんが、Soundcore 2の12Wよりも差を体感できるほど迫力がありますね。室内はもちろん、使用イメージ画像のようにキャンプ場や、自動車内での使用もおすすめです。

2. ハイレゾ(Hi-Res)に対応

10,000円以下の格帯ではあまり見かけませんが、Soundcore Motion 100はハイレゾ(Hi-Res)対応です。
対応コーデックはSBC / LDAC / MPEG2 AAC LC。LDACに関してはSoundcoreアプリが必要とのこと。

ただしハイレゾ(Hi-Res)の音源を再生するには、Android 8.0以降を搭載した機器が必要になります。残念ながら本記事公開時点において、筆者は対応端末を所持していないので体感できません。

中古端末など価格の安いXperiaを、サブ端末として買おうかな…

3. 持ち運びやすくて便利

左:Soundcore2, 右:Soundcore Motion 100

Soundcore Motion 100の本体側面にはストラップが付いており、屋外での持ち運びはもちろん、室内でも移動する際に便利です。ストラップの脱着はできず、直径2cm程度のものになら引っ掛けられるでしょう。

本体の重さは590gと、500mLペットボトル程度の重さですね。カバンなどに入れて運べる重さなので、特に問題は感じません(Soundcore2と比べると176gも重くなりましたが…)。

Soundcore2と同様、細長い形状で持ちやすいのも特徴です。幅と高さがSoundcore2よりも小さくなったので、パッと掴みやすくなったのではと考えます。

ただしAnkerから販売されているSoundcore2専用のトラベルケースには、Soundcore Motion 100は入りません。Soundcore2から流用しようと考えている方は、残念ですがトラベルケースの使用はあきらめましょう。

4. IPX7でも防水キャップで安心

防水でもキャップがあると安心

IPX7の防水対応でも、Soundcore Motion 100の端子部分にはキャップが付いています。これは大きなポイントですね!充電する時にキャップを開ける手間は生じますが、キャップの有無で防水に対する安心感が随分と違いますよ。

筆者は以前、某メーカーの小型ワイヤレススピーカーをお風呂場で使用した経験があります。もちろんIP67の防水機能を搭載しており、お風呂場で使用すると毎回自然乾燥させていました。

しかし購入から数日後、充電端子にサビが生じて使用を断念。それ以来、防水対応のBluetoothスピーカーでも端子にキャップがあるものを購入しています。

水に比べてお湯の方が反応性も高く、知らない内に洗剤の飛沫なども付着していたのでしょう。いずれにしても風呂場でBluetoothスピーカーを使用する際は、キャップなどで端子を保護することを推奨します。

5. アプリ操作でさらに便利

専用のSoundcoreアプリをダウンロードすることで、Soundcore Motion 100の操作性が上がります
※普通に接続して音楽などを再生する操作程度であれば、アプリをダウンロードしなくても、単純に接続して操作が可能です。

またアプリのインストールに伴い、Soundcoreのアカウントを作成しなくてもOK。ログインしない状態でも、各種機能は使用できます!(本記事投稿時点)

アプリをダウンロードするメリット6つあり、下表のとおりです(本記事投稿時点)。

LDACを使用する際は、アプリのダウンロードが必須。アプリをダウンロードした後に、ファームウェアを更新することで使用できるとのことです(iOS端末はLDAC非対応)。
※詳細はAnker公式サイトの製品仕様をご確認ください(→こちら

メリット段階備考
イコライザーの調整9音域
-6〜+6dB
音域:80, 150, 300, 600,1.2k, 2.5k, 5k, 9k, 13k
機種変更の際に設定を引き継ぎたい場合は、
Soundcoreアプリでアカウントの作成が必要
ファームウェア更新アプリに通知あり
音声ガイダンスの設定オン/オフ
バッテリー残量表示詳細は右ホーム画面では5段階表示
機器画面ではバッテリーのマーク
いずれも数値では表示されない
自動電源オフ設定4段階5分、10分、20分60分
ボタンの明るさ調整4段階オフ、暗い、標準、明るい

Anker Soundcore Motion 100 3つのデメリット

各ボタンは光るので視認性が良い

Anker Soundcore Motion 100を使用して分かった3つのデメリットは以下のとおりです。

  1. 青い斑点は汚れ?デザイン?
  2. 電源ボタンが押しにくい
  3. バッテリー残量表示がない!?

それでは順に説明します。

1. 青い斑点は汚れ?デザイン?

スピーカーの前面を除いて、すべての面に青い斑点がある

Ankerには大変申し訳ないことですが、開封直後の第一印象は「初期不良?汚れてる?」でした。パッケージをよく見て、デザインだと理解するまで多少時間が必要でしたね。

このデザインに関しては、製品の紹介画像で記載したり、説明文で追記したりすべきではないでしょうか?Anker公式サイトの画像表示を拡大しても、正直ぱっと見では確認しづらいレベルです。

しかし実物で確認すると、はっきりと青い斑点を確認できます(凹凸もあります)。シンプルなデザインを好む人には、おすすめしにくい製品ですね。

2. 電源ボタンが押しにくい

電源ボタンのみ少し凹んでいる

多少は個体差があるかもしれませんが、どのボタンも強く押さないと反応しません。加えて電源ボタンについては、凹んでいるデザインも合わさり押しにくいですね。

電源ボタンやBluetoothボタンも、せめて音量調節などのボタンと同様にして欲しかったです。

3. バッテリー残量表示がない?

Soundcore2はiPhone 15 Pro(iOS 17.2.1)のウィジェット上で、バッテリー残量を%表示で確認できました。しかしSoundcore Motion 100は、バッテリー残量表示がありません(ファームウェア バージョン3.0.2)。

Soundcoreアプリをダウンロード後、アプリを起動してようやく確認できます。ただし%表示ではなく、バッテリーのデザインから推測する必要あり(アプリのホーム画面では5段階表示)。

バッテリー残量表示の機能については、今後のファームウェアの改善でなんとか表示して欲しいですが果たして…

初回限定でお得にゲット!

Soundcore2に比べて丸みを帯びたデザインでかわいい

今回レビューを紹介したSoundcore Motion 100、筆者は20%オフで購入できました。Amazonでは割引表示が出ていませんが、しっかり割引価格で購入できています。
※Anker公式サイトでの通常販売価格は¥8,990(税込)です。

Anker製品の多くは、発売当日にX(旧:Twitter)で公式アカウントからアナウンスがあります。そして初回限定として、○○個限定で割引されたり、ポイントが付与されたりします。

例えば今回Soundcore Motion 100の場合は、「初回3色合計800個限定20%OFF」というものでした。人気の製品だと販売開始から数分で売り切れることもあるので、Anker公式アカウントのフォローするのはおすすめです!

仮に数量限定を買い逃しても、焦らないでください!Anker製品はAmazonのタイムセールで対象になりやすく、割引率も高めに設定されることが多いです。

今すぐSoundcore Motion 100を「欲しいものリスト」に入れて、価格の動向をチェックしておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次