MENU
さざんかの筆休み
稼働時間
8:00〜18:00(土日祝日除く)

返信対応
ご連絡から10時間以内に返信いたします。
稼働時間外の場合は翌日となります

グッドスリープデーに2回寝るのはアリ?それとも…

本ブログの一部には広告を含む場合があります
  • URLをコピーしました!

毎月恒例開催となったグッドスリープデーも、今回で5回目に突入。Pokémon Sleep(ポケモンスリープ)のリリースからまもなく半年が過ぎようとする中、2回計測するメリットも固まってきました(記事はこちら)。

しかしポケスリトレーナーにとって、経験値EXPにボーナスがかかる貴重なグッドスリープデー。分割睡眠や仮眠を普段から取り入れつつも、グッドスリープデーの期間中には

  • 2回計測してもEXPボーナスはかかるのか?
  • ボーナスは2回寝ても適応されるのか?
  • ねむけパワーはどうなるのか?

と二の足を踏み、2回計測する決断が下せないポケスリトレーナーもいらっしゃるでしょう。そこで今回は満を持して、第5回グッドスリープデーの期間中に筆者が2回寝た計測結果をまとめます!

本記事を読めば「グッドスリープデーに2回寝るべきかどうか」が分かりますよ。ぜひ最後まで読んでください。

目次

グッドスリープデー中も2回寝てOK

倍率補正がかかる貴重なタイミングに、2回計測を試すのは不安でありませんか?
画像はPokémon Sleepのスクリーンショット

普段から1日に2回寝ているポケスリユーザーにとって「貴重なグッドスリープデーでも2回寝てもいいのか?」は気になるポイントでしょう。結論から言うと、普段通り2回寝てもOKです。

以下の内容を読んで「それはちょっと困るな…」と思えば、2回寝るのをやめるのではなく、睡眠計測しなければいいのですよ。

2回寝ても受けられるボーナス

グッドスリープデーの期間中に、2回寝ても以下のボーナスは受けられます。

EXPボーナスは、2回ともそれぞれに適応されます。
→得られるEXP(ボーナス適応前の値)は睡眠スコアに依存するため、睡眠スコアの最大値である100を超える分は付与されません。

ねむけパワーのボーナスは、2回ともそれぞれに適応されます。
→2回寝るポケスリユーザーには朗報で、少ない方の睡眠スコアでも★4以上の寝顔に出会える可能性が上がります。

2回寝ると受けられないボーナス(1回のみ)

グッドスリープデーの期間中に、2回寝ても以下のボーナスは受けれません。

ボーナススリープポイントの付与は1回のみ
→昼と夜2回寝る場合は、最初に睡眠計測した昼の睡眠リサーチ終了時点で付与されます。

睡眠スコアの超過分(101以上)はボーナスが適応されない
→通常時に2回寝る時と同様、睡眠スコアの最大値は100です。

最高ねむけパワーを記録するなら1回計測がおすすめ

プロフィールに記載される「過去最高ねむけパワー」(フレンド共有オフも可能)の更新を目指す場合は、1回もしくは1回目の計測で、睡眠スコア100(睡眠時間:8時間30分以上)を目指す必要があります。
※フレンドに共有する項目、オン・オフの方法に関する記事はこちら

8時間30分以上寝るメリットは?

ポケモンゲームにおける「なつき度」が進化条件になるタイプ
画像はPokémon Sleepのスクリーンショット

睡眠スコアは最大値(または合計値)が100に設定されています。したがって睡眠スコアに依存するスリープポイントやEXPなどに対しては、超過分が付与されない仕様です。

例えば昼に1時間42分の睡眠を計測して、睡眠スコアは20だったとしましょう。その日の夜に8時間30分以上寝たとしても睡眠スコアは100ではなく、100-20=80になります(EXPも同様)。

それでは睡眠スコアが100を超える、つまり8時間30分以上寝るメリットはあるのでしょうか?実は以下の2点に対してはメリットになります。

進化条件にある睡眠時間

ポケモンの進化条件に「〇〇との睡眠時間が△△時間になる」とあれば、実際の睡眠時間が進化条件に反映されます。
※例:ピチュー → ピカチュウ、ピィ → ピッピ など

実際に該当のポケモンをパーティに入れて9時間寝ると、進化条件内に表示される「△時間」に、睡眠時間の9時間が加味されたことを確認できます。

Pokémon Go Plus +の睡眠時間

Pokémon Go Plus +を連携すると出現する「ナイトキャップを被ったピカチュウ」は、実際の睡眠時間に応じてなつき度が上昇します。

おこうの数と要相談

2回計測するとイベントボーナス画面が2回見れる
画像はPokémon Sleepのスクリーンショット

グッドスリープデーにおいて2回寝る(分割睡眠)かどうかは、最終的にはポケスリトレーナー次第です。特に判断のポイントとなるのは、獲得できるポケモンのEXPですよね。

2回寝てもボーナスは付与されてEXPに補正は掛かるのですが、倍率を上げるために「せいちょうのおこう」を使いたいなら話は変わってきます!

なぜなら1回の睡眠計測で「おこう」は1個消費されるからです。つまり当日の朝に「おこう」をセットして、昼寝で睡眠計測をすると「おこう」は消費されます。

したがって夜の睡眠計測でも「おこう」の効果を得たい場合は、新たに「おこう」をセットする必要が生じます。

2回の睡眠計測において両方とも倍率を上げるには、おこうを2個も準備する必要があるので注意しましょう。

グッドスリープデーについて再確認

画像はPokémon Sleepのスクリーンショット

ここで改めて、グッドスリープデーの概要について再確認しましょう。ボーナスの倍率などは、今後のイベントで変更される可能性があるので、アプリ内の「お知らせ」で都度確認する必要があります。

いつ開催される?

グッドスリープデーは、だいたい月に1回開催されます。開催日については、現実世界における満月の日と前後1日を合わせた合計3日間です。

注意:月の満ち欠けの周期は30日未満のため、開催と開催の間には若干のズレが生じます。

次はいつ開催される?

第5回のグッドスリープデーは、12/26〜29の開催でした(開催期間の表記が4日間になるのは、アプリ内で日付変更の起点が午前4時だからです)。

第6回のグッドスリープデーも予定通りに開催されるとすれば、次の満月が2024/1/26であることから1/25〜28開催となるでしょう(イベントの仕様が第5回と同様であれば)。

ちなみに月齢の記載されたカレンダーや手帳があると、ひと目で次のグッドスリープデーが分かります。筆者が愛用の「ほぼ日手帳weeks」には、月齢が記載されているのでおすすめです。

おこうを置くタイミングは?

当日の睡眠計測を開始するまでに、「おこう」を忘れずにセットすること。例えば22:00に就寝(睡眠計測を開始)する場合は、睡眠計測を開始する直前でも、日中でもOKです。

1日に2回計測して、両方の睡眠リサーチに「おこう」の効果を反映させたい場合は、それぞれの睡眠計測を開始する前に「おこう」を置く必要があるので注意しましょう。

おこうのおすすめ組み合わせは?

グッドスリープデーの期間中は、EXPに補正がかかるため「せいちょうのおこう」が最もおすすめです。3日間つまり3個(1日に2回寝る場合は6個)を用意するのが理想ですが、入手難易度が高いので、最大補正のかかる満月の日のために1個は用意しておきたいですね。

また「ねむけパワー」にも補正がかかるので、寝顔図鑑★3, 4のポケモンに出会える可能性が高くなります。寝顔図鑑のレアリティに比例して、リーサー値EXPと「ゆめのかけら」は増大するので、それぞれの倍率を上げる「しゅうちゅうのおこう」や「こううんのおこう」を併用するがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次