MENU
さざんかの筆休み
稼働時間
8:00〜18:00(土日祝日除く)

返信対応
ご連絡から10時間以内に返信いたします。
稼働時間外の場合は翌日となります

さらに進化したWF-1000XM5がついに発売!完成度も満足度もイイね!

本ブログの一部には広告を含む場合があります
  • URLをコピーしました!

2023年9月1日ついにSONYのWF-1000XM5が発売!ソニーストア 直営店舗で、発売初日にゲットしてきました。

「世界最高ノイキャン」「ソニーの最高峰の音がまた、塗り替わる」「小型化・軽量化」と心踊るコピーにドキドキわくわく!

そんなWF-1000XM5を3日間じっくりと使い込んだので、本記事にWF-1000XM5のレビューをまとめます。

WF-1000XM5の購入を検討している人は、ぜひ最後まで読んでください。

目次

WF-1000XM5

WF-1000XM5
パッケージのサイズと重さから分かる軽量コンパクトさ!これは開封が楽しみです

世界最高ノイキャン(*1)と高い装着性を実現する小型設計のハイレゾ音質完全ワイヤレス(*2)

*1 左右独立型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2023年4月10日時点、ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る
*2 ハイレゾコンテンツをLDACコーデックで最大転送速度990kbpsで転送する場合。「Headphones Connect」アプリから操作が必要です

引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら

上記のように説明があるとおり、前モデルのWF-1000XM4よりも、WF-1000XM5の方がノイズキャンセリングを強く感じます。またヘッドセットも充電ケースも、しっかりと小型化・軽量化しています。

さて気になるスペックの概要は、下表のとおりです。

機能表

ヘッドホン部 *1
型式密閉ダイナミック
ドライバーユニット8.4 mm
質量 *2約 5.9g x 2(イヤーピース(M)を含む)
ヘッドホン部(その他)
電源Li-ion
充電方法USB充電 / ワイヤレス充電(ケース使用)
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大8時間(NCオン)/ 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間
(連続電話時間)
最大6時間(NCオン)/ 最大7時間(NCオフ)
付属品
USBケーブル
保証書●(仕様上のご注意/主な仕様に記載)
Bluetooth
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.3
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10 m
使用周波数帯域2.4 GHz帯(2.4000 GHz – 2.4835 GHz)
対応Bluetoothプロファイル *3A2DP, AVRCP, HFP, HSP, TMAP
, CSIP, MCP, VCP, CCP
対応コーデック *4SBC, AAC, LDAC, LC3
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20 Hz – 20,000 Hz (44.1 kHz sampling),
20 Hz – 40,000 Hz (LDAC 96 kHz sampling 990 kbps)
*1 レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます
*2 コードは含みません
*3 Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです。
*4 音声圧縮変換方式のこと
引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら

iPhoneで使ってみた

WF-1000XM5
本体のブラックに、ロゴとマイクのゴールドが映える

それではWF-1000XM5を早速Xperiaにペアリング!…と言いたいところですが、筆者が所持しているのはiPhone。前モデルのWF-1000XM4と同様に、アプリ「Headphones Connect」を使用してiPhoneに接続します。

iPhoneへの接続方法は5ステップ

  1. WF-1000XM5の充電ケースからヘッドセットを取り出す。
  2. iPhoneのBluetooth設定をオンにする。
  3. iPhoneのBluetooth設定画面で「WF-1000XM5」を選択する。
    ※筆者の使用しているiPhone 13 mini(iOS 16.6)ではパスキーを要求されませんでしたが、要求された場合は「0000」を入力する。
  4. iPhoneでアプリ「Headphones Connect」を起動する。
  5. アプリ「Headphones Connect」に表示されるとおりに接続設定を行う。

同梱のイヤピースにSSが追加

接続設定をしていると、あらかじめ付いていたイヤピース(M)が合わなかったので付け替えます。WF-1000XM5ではイヤピースが4種類付属していて、SS, S, M, Lです

前モデルのWF-1000XM4ではSでも大きく感じていたので、SSの追加は嬉しいですね!早速SSに付け替えると、フィット感がアップしました。

ノイズキャンセリングも進化している

イヤーピースを交換してフィット感を上げた後は、もちろんノイズキャンセリングを使いましょう。カタログスペック上は下記のとおり。

WF-1000XM4比でさらに20%のノイズ低減を可能にし、いまだかつてない静寂の中で再現性の高い音質をお楽しみいただけます

引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら

前モデルでもノイズキャンセリングの性能に驚いた筆者ですが、WF-1000XM5でも再び驚きました!自宅で約3日間、ノイズキャンセリングを使用してみました。

洗濯機、換気扇、エアコンの運転音など、前モデルよりもさらに聞こえなくなりましたね!この性能アップを体感できただけでも満足です。

気になる音質と遅延は?順当な進化を体感

WF-1000XM5も音質はイコライザーで好みの音に調整できるので、無調整状態で前機種と比較しましょう。確かにアップグレードされていて、より高音質になった印象を受けますね。
※音質は好みがあるので、購入前に視聴することを推奨します。

筆者の利用環境では、明らかな遅延を体感することはありませんでした。YouTubeやX(旧Twitter)で投稿動画を視聴したり、Amazon prime videoでアニメを視聴したりしても、そこまで気になりません。

前モデルWF-1000XM4と比較した結果、音質も遅延も劇的に進化した感じはありません。しかし順当にかつ、確実に前モデルから進化したなと実感できます。

総合評価「買い替えてよかった!」

前モデルWF-1000XM4からWF-1000XM5買い替えた感想は、「買い換えてよかった」大満足ですね。今回は初のソニーストア 直営店舗で購入体験できたこともあり、さらに満足度が高いので、毎日ウキウキで音楽を楽しんでいます。

  • お得に買い替えた方法についての記事はこちら
  • ソニーストア 下取りサービスを体験した記事はこちら
  • 前モデルWF-1000XM4との比較記事はこちら(近日公開予定)

5つのメリット

WF-1000XM5
イヤピースは4種類に、Mサイズは取り付け済み

WF-1000XM5を使って分かったメリットは下記の5つです。

  1. ヘッドセットもケースも軽量コンパクト
  2. フィット感が向上
  3. バッテリー性能が向上
  4. 充電ケースのランプが小型化
  5. ノイズキャンセリングが強化

順に説明します。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥31,100 (2024/05/27 10:38:34時点 Amazon調べ-詳細)

1. ヘッドセットもケースも軽量コンパクト

前モデルWF-1000XM4の不満点は、ヘッドセット本体の大きさでした。筆者の耳が小さく耳の穴が小さいため、本体は耳から飛び出し、落ちそうになることもしばしば。

しかしWF-10000XM5は、カタログスペック値で下記のとおり小型かつ軽量になりました。充電ケースも小型になり、AirPods Pro(第2世代)とほぼ同じ大きさに!

毎日持ち運んでも気にならない、コンパクトなサイズと重さです。

前モデルWF-1000XM4では7.3gだった装着部はWF-1000XM5で5.9gまで軽量化しました。

引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら

2. フィット感が向上

ヘッドセットが前モデルWF-1000XM4より軽量でコンパクトになったことに加えて、WF-1000XM5ではイヤーピース(SS)が付属するようになりました。フィット感が向上すると、音質もノイズキャンセリングもより良く体感できます!

前モデルでフィット感に悩んでいた人は、最新機種のWF-1000XM5はおすすめです。

イヤホン本体の体積を従来機種より約25%小型化することで、耳との干渉を軽減し、快適な装着性を実現しています。

引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら

3. バッテリー性能が向上

WF-1000XM5の連続音声再生時間と連続通話時間は、下記のカタログ値どおり前モデルから変化していません。
※連続通話時間については、

しかし本体サイズが約25%小型化して、7.3gから5.9まで軽量化したことを考えると、バッテリー性能が向上していると言えるでしょう。

この小型化と軽量化を実現できていて、電池持続時間が変わっていない(連続電話時間は改善)のは技術革新を体感できるので感動です。

WF-1000XM5WF-1000XM4
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大8時間(NCオン)
/ 最大12時間(NCオフ)
最大8時間(NCオン)
/ 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間
(連続電話時間)
最大6時間(NCオン)
/ 最大7時間(NCオフ)
最大5.5時間(NCオン)
/ 最大6.0時間(NCオフ)
引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報の比較表より(詳細はこちら

4. 充電ケースのランプが小型化

前モデルWF-1000XM4のケースは充電ランプが棒状で、暗い部屋で充電すると、目立つほどに明るかったです。一方のWF-1000XM5では、充電ランプが円に変更されて、輝度も抑えられています。

充電ランプの位置も大きさも、AirPods Pro(第2世代)によく似ていますね。これくらいの充電ランプの大きさが、筆者はちょうどいいと思っています。

5. ノイズキャンセリングが強化

室内で3日間WF-1000XM5のノイズキャンセリングを試した結果、前モデルよりも改善されていることを実感。洗濯機、換気扇、エアコンの運転音など、前モデルよりもさらに聞こえなくなりました!

また本体が小型化かつ、凹凸のないデザインに変更されたことで、風ノイズが低減されていますね。今後は店や電車などでも使用して、ノイズキャンセリングをより体感したいと考えています。

3つのデメリット

WF-1000XM5
ヘッドセットの側面の素材が光沢がある素材で、滑りやすく取り出すのが少し難しい

WF-1000XM5を使って分かったデメリットは下記の3つです。

  1. ヘッドセットの外装は光沢がある素材
  2. 本体の外装は傷が付きやすそうな素材
  3. 好みの分かれるイヤピースの素材

順に説明します。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥31,100 (2024/05/27 10:38:34時点 Amazon調べ-詳細)

1. ヘッドセットの外装は光沢がある素材

WF-1000XM5のヘッドセットには、外装に光沢のある素材が使用されています。この素材の部分は指紋がつきやすく、滑りやすいのがデメリット。

特に充電ケースから取り外す際には、この素材の部分を触って取り出すのですが…指のコンディション次第では中々取り出せないことも…

このデメリットに関しては、前モデルWF-1000XM4の外装の方が良かったですね。

2. 本体の外装は傷が付きやすそうな素材

前モデルの充電ケースとWF-1000XM5の充電ケースは、素材が同じなのか肌触りも見た目も似ています。となると気になるのは、傷が付きやすい点です。

前モデルでも十分に気をつけて使用していたのですが、今回下取りに出す際、改めて見直すと細かい傷が!選んだ色がブラックだったこともあり、光の反射角度によっては傷が白く見えて、意外と目立ちました。

WF-1000XM5を使用する際も傷付きには注意して、使用したいと思います。気になる人は、傷つき防止のケースを購入するのもいいでしょう。

3. 好みの分かれるイヤーピースの素材

SONY独自開発のノイズアイソレーションイヤーピースは、前モデルWF-1000XM4から、ポリウレタンフォーム素材の形状が変更になりました。個人的には前モデルのものよりWF-1000XM5に付属しているものの方が、皮脂汚れが簡単に取れやすくなっているので気に入っています。

しかし人によっては、この素材による装着感がデメリットになる可能性があるでしょう。購入を迷われている方は、ソニーストアや家電量販店で触ってみることをおすすめします。

前モデルWF-1000XM4とスペック比較

WF-1000XM5
外箱は環境に配慮したパッケージで、前モデルと同様ですね。

前モデルとWF-1000XM5のスペックを比較してみましょう。SONYのスペック表から、購入検討時に気になりそうな点をピックアップしました。

買い替えた際に体感した最大のメリットは、フィット感の向上です。耳の形状と大きさが原因で、前モデルの装着感が悪かった人にはぜひ試着してほしいですね!

WF-1000XM5WF-1000XM4
充電ケース重さ
ヘッドセット込み
約48g約54g
ヘッドセット重さ約5.9g
(カタログ値)
約7.3g
(カタログ値)
型式密閉ダイナミック密閉, ダイナミック
ドライバーユニット8.4mm6mm
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大8時間(NCオン)
/ 最大12時間(NCオフ)
最大8時間(NCオン)
/ 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間
(連続電話時間)
最大6時間(NCオン)
/ 最大7時間(NCオフ)
最大5.5時間(NCオン)
/ 最大6.0時間(NCオフ)
引用元:SONY WF-1000XM5の商品情報より(詳細はこちら
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥27,000 (2024/05/27 04:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

お得な買い替えで大満足

WF-1000XM5
ソニーストアで購入しました

WF-1000XM5のメリットを改めて記載します。

  1. ヘッドセットもケースも軽量コンパクト
  2. フィット感が向上
  3. バッテリー性能が向上
  4. 充電ケースのランプが小型化
  5. ノイズキャンセリングが強化

前モデルWF-1000XM4からも確実にアップデートしていて、買い替えも初めてのフルワイヤレスイヤホンにもおすすめです。発売からまだ3日しか経過しておらず、販売価格は高めとなっています。

お得な購入方法や、ソニーストアで購入してみたい人は、ぜひ関連記事もチェックしてください!

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥31,100 (2024/05/27 10:38:34時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次