MENU
さざんかの筆休み
稼働時間
8:00〜18:00(土日祝日除く)

返信対応
ご連絡から10時間以内に返信いたします。
稼働時間外の場合は翌日となります

Anker 511 Power Bankをレビュー!日常使いはコレでOK!

本ブログの一部には広告を含む場合があります
  • URLをコピーしました!

2023年4月19日(水)Anker Power Conference 2023 Springで発表された新製品の中で、最も気になっていたAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)。続報もなく待つこと4ヶ月…

ようやく8月24日(木)に発売されました!もちろんX(旧:Twitter)でいち早く情報をゲットして、初回1,000個限定の内の1個を無事に購入完了!

約2日間使用したレビューを本記事にまとめましたので、ぜひ最後まで読んでください。急速充電器とモバイルバッテリーの2in1…かなり完成度が高くておすすめです。

目次

Anker 511 Power Bank

写真左奥のACプラグ側は光沢、写真右手前はマットな仕上げになっている

旧製品のAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)から順当に進化したのが、今回紹介する新製品のAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)です。
※製品の名称が似ているので、購入する際は十分に注意してください!

created by Rinker
Anker
¥5,490 (2024/07/20 11:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

まずは下表で、新製品と旧製品を比較してみましょう。

新製品旧製品
サイズ78 x 44 x 31 mm
(約5%増)
113 x 30 x 30 mm
重さ約185g
(約9%増)
約170g
カラーブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
グリーン
パープル
ブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
容量5000mAh5000mAh
ポート数USB-C x1USB-C x1
AC入力100V-240V~1.5A
, 50-60Hz
100V-240V~0.5A
, 50-60Hz
USB-C入力5V=2.1A使用不可(出力専用)
充電器出力5V=3A
9V=3A
15V=2A
20V=1.5A
10V=2.25A
(MAX 30W)
5V=3A
9V=2.22A
(MAX 20W)
バッテリー出力5V=3A
9V=2.22A
10V=2.25A
(MAX22.5W)
5V=3A
9V=2.22A
(MAX 20W)
仕様はAnekr公式HPを参照
新製品のページはこちら、旧製品のページはこちら

ACプラグの位置が改善

見た目で大きく改善している点は、ACプラグの収納位置です。旧製品では壁コンセントに対して本体が並行になり、例えば2個口の上部に刺すと、下部を隠してしまうデメリットがありました。

一方の新製品では壁コンセントに対して本体が垂直になり、上部でも下部でも、もう片方に干渉しにくい設計となっています。この改善はありがたく、充電器として気軽に使用できますね。

最大出力は30Wに増加

性能として特筆すべき点は、充電器出力が旧製品から1.5倍の30Wに増加したことです。急速充電の対応に加えて、スマートフォンだけではなくMacBook Airにも充電可能になりました。

普段使いに加えて、日帰りの出張や旅行にも、Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は大活躍すること間違いなしでしょう。

前作で購入を見送った理由のひとつであった20Wという出力が、今作で30Wに改善されていることを知り、今回の発売を楽しみにしていました。X(旧:Twitter)で発売が告知されたことを確認して、Amazonで即注文したほどです。

モバイルバッテリー?充電器?どっちも使える

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)
ACプラグで充電できるのは便利

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の最大の魅力と言っても過言ではない、2in1(モバイルバッテリー 兼 急速充電器)の機能を早速試してみました。どちらの使用方法でも、日常使いにおいて必要十分です。

もっと早く登場してほしかった…と悔やむほどに、完成度の高い製品となっているので、5000mAhのモバイルバッテリーを探している人にはおすすめ!

created by Rinker
Anker
¥5,490 (2024/07/20 11:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

モバイルバッテリーとして使ってみた

ちょうどiPad mini 6のバッテリー残量が少なかったので、モバイルバッテリーとして使用してみます。スマートフォンだけではなく、タブレットの充電にもAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は役立ちます。

5000mAhという少なめの容量なので、タブレットなどを満充電まではできませんが、バッテリー切れという事態を回避できるほどです。日常使いにおいて5000mAhのモバイルバッテリーは、スマートフォンのバッテリーが切れた時など、いざという時に使うことが多いでしょう。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は、いざという時に活躍してくれる、優秀なモバイルバッテリーですね。

急速充電器として使ってみた

開封して一番最初に確認するのがバッテリー残量!約50%程度なので、まずはAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)を急速充電器として使ってみます。

ちょうどPixel 7のバッテリー残量が70%未満なので、急速充電を試してみましょう。Pixel 7の充電画面を確認すると…「急速充電中」の文字が!しっかりと急速充電の性能を発揮できています。

これなら立ち寄ったカフェなどで、スマートフォンをなるべく早く充電したい時にも役立ちますね。

5つのメリット

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)
同梱物は本体と各種説明書など最小限

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)を使って分かった5つのメリットは以下のとおりです。

  1. コンパクトなサイズ感
  2. 5000mAhがちょうどいい
  3. 急速充電に対応
  4. 2in1の使い勝手よし
  5. LEDの視認性よし

順に説明します。

created by Rinker
Anker
¥5,490 (2024/07/20 11:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

1. コンパクトなサイズ感

筆者が以前使用していたAnker PowerCore Fusion 5000は、当時は画期的な性能だったため、即購入した製品でした。それと比べると随分と小さくなり、より持ち運びに適した形状になっています。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)はスティック型なので、カバンの隅に立てたり、ポーチに入れたりしてもかさ張りません。日常使いにはピッタリのコンパクトなサイズ感です。

2. 5000mAhがちょうどいい

外出先でのスマートフォンのバッテリー切れ対策には、ちょうどいい容量が5000mAhではないでしょうか。最新のスマートフォンを満充電にはできなくとも、最悪の事態であるバッテリー切れを回避するには必要十分な容量だからです。

バッテリー切れを回避できる最低容量かつ、毎日持ち歩けるサイズの両方を絶妙なバランスで実現しているAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)、購入してよかったです。

3. 急速充電に対応

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は充電器でもモバイルバッテリーでも、20W出力に対応しているので、iPhoneなどを急速充電できます。旧製品と比べて特筆すべき特徴は、充電器として使用した際は最大30Wの出力が可能になった点!

スマートフォンやタブレットだけではなく、MacBook Airなどの一部モバイルノートパソコンも充電できるパワフルな充電器に進化しました。

4. 2in1の使い勝手よし

就寝前にAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)をコンセントに挿し、USBケーブルを介してスマートフォンを充電。起床時にはAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)もスマートフォンも、どちらも充電が完了済み。

そのまま両方をまとめて持ち出せば、外出先でのスマートフォンのバッテリー切れに怯えることはないでしょう。2in1であれば、充電器にモバイルバッテリーを接続して、充電器にスマートフォを接続して…という手間が省けるので、2in1の使い勝手はばつぐんです。

5. LEDの視認性よし

モバイルバッテリーの残量は、ボタンについているLEDで確認できます。LEDインジケーターは4つで、バッテリー残量に合わせて白色で点灯(本体色ブラックの場合)します。

LEDインジケーター自体は、直径1mm程度とかなり小さいです。しかし屋外でも視認できるほどに、しっかりと点灯するので実用上は十分でしょう。

3つのデメリット

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)
ストラップではなくストラップホールだったら良いのに…

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)を使って分かった3つのデメリットは以下のとおりです。

  1. モバイルバッテリー時の最大出力は22.5W
  2. ストラップは汚れそう
  3. パススルーは非搭載

順に説明します。

1. モバイルバッテリー時の最大出力は22.5W

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は2in1という便利な製品ですが、注意すべきは使用方法で最大出力が異なる点です。充電器として使用する際は、MacBook Airなどの一部モバイルノートパソコを充電できる30W出力に対応しています。

しかしモバイルバッテリーとして使用する際には、最大出力が22.5Wに低下。これではMacBook Airなどの一部モバイルノートパソコンは充電できません。

使用方法で最大出力が異なること、モバイルバッテリーとしての使用はスマートフォンなどに限ると覚えておきましょう。

2. ストラップは汚れそう

付属しているストラップは着脱式ではなく、本体と一体になっています。材質は高耐久で有名なナイロンケーブルと同じなのでしょうか?しなやかでありつつ強度のありそうな肌触りです。

筆者が購入したAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の色は、ブラックなのであまり心配していませんが…ホワイトを購入しようとしている人は要注意かもしれません。長く使用するほど、汚れが目立ってくる可能性があります。

個人的にはストラップと一体型ではなく、ストラップホールを本体に施して、ストラップの取り付けは任意という形にしてほしかったですね。

3. パススルーは非搭載

機能的に搭載して欲しかったですが、非搭載となってしまったパススルー。つまりAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)を充電器として使用した際、本体とデバイスは同時に充電されません。

充電器として使用した場合は、同時充電(パススルー)ではなく、スマートフォンの充電が優先されます。スマートフォンなどデバイスの充電が完了してから、モバイルバッテリーの充電が開始される点を覚えておきましょう!

普段使いにベストな製品がようやく登場

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)
コンパクトなサイズで2in1はすごい

2023年4月19日(水)Anker Power Conference 2023 SpringでAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)が発表されてから、待ちに待った今回の発売。あまりにも続報がなかったので、開発が中止になったのかと心配していました。

途中何度も他の製品を購入しようとしましたが、我慢し続けて正解でしたね。改めてメリットをまとめると下記のとおりです。

  1. コンパクトなサイズ感
  2. 5000mAhがちょうどいい
  3. 急速充電に対応
  4. 2in1の使い勝手よし
  5. LEDの視認性よし

2in1にも関わらず実現したコンパクトなサイズ、急速充電に対応した性能は、日常使いに欠かせない製品となること間違いなし!購入しようか迷っている人にとって、本レビュー記事が少しでも参考になると幸いです。

created by Rinker
Anker
¥5,490 (2024/07/20 11:07:00時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次